ヘルシーなだけじゃない!疲労回復に鶏むね肉のイムダペプチド

鶏むね肉は低カロリー・低脂肪・高タンパク質とダイエットしかりスポーツをする人にも人気な食材です。
値段も安くお財布に優しい鶏むね肉、実は疲労回復効果もあるんです!




鶏むね肉の栄養素・効果

<低脂肪・高たんぱく!>

鶏むね肉には良質なアミノ酸(アミノ酸スコア100)が含まれ、それでいて低脂肪、高タンパクな食材です。

ダイエットはもちろんの事、豊富に含まれたたんぱく質は体の様々な素材(筋肉・骨・血液)になり体作りにも最適です。

<疲労回復効果のあるイミダペプチド!>

イミダペプチドとはアミノ酸結合体の一種で、渡り鳥や回遊魚など、長時間連続して動き続ける生物の特に疲労する部分(鶏であれば胸)に多く含まれています。

疲労回復から持久力アップなどの運動能力の向上に役立ちます。

皮を取り除けばとってもヘルシー

これは鶏皮に含まれる脂肪分(脂質)が高いためであり、鶏むね肉は皮を取り除く事で低カロリーになります。

鶏むね肉(皮付き)
炭水化物  0g
たんぱく質 19.5g
脂質    11.6

鶏むね肉(皮なし)
炭水化物   0g
たんぱく質  19.5g
脂質     1.5

脂質は1g=9Calですので、鶏むね肉皮付き(100g)は役200kcalですが、皮を除くことでカロリーは役110kcaに落とすことができます!

鶏むね肉は筋トレにもダイエットにも

鶏むね肉に含まれる豊富なタンパク質、ビタミンは筋肉の素となり、新しくより強い筋肉を作ってくれます。

また脂肪を落として綺麗に痩せたいという方にも同じくタンパク質・ビタミンは必要になってきます。

筋トレで強くなりたい人も脂肪を落として綺麗に痩せたい方も是非食べましょう!

鶏むね肉を美味しく食べたい

ヘルシーな鶏むね肉ですが、他の部位と比べてパサ付きを感じ、焼くだけだと固くなってしまいますよね。

味付けなどでパサパサ感をごまかすことはできますが、鶏むね肉は下準備でより柔らかくおいしく食べることができます。

①水と塩・砂糖をもみこむ

肉を袋に入れ鶏胸肉300gに対して

■水  30cc
■塩  3g
■砂糖 3g

を入れ1時間ほど置いておく。すると鶏肉がしっとりしてジューシーな仕上がりになり美味しく食べることができます!あとはお好みの料理に合わせて包丁で切るだけですね。

②肉の繊維を断ち切る

鶏胸肉のあのぱさぱさ感は肉の繊維が原因で食べてて美味しくないと思ってしまうところです。

ですがこの繊維は叩くことでぱさぱさ食感を変えることができ、さらに叩く前に繊維の方向に対して垂直に切るとより美味しく食べることができますよ。

③塩麴に付ける

一時期テレビでも話題になった塩麴を使います。

塩麴を使う事で鶏むね肉が柔らかくなりまた味も付けることが出来ますのでとっても簡単です!

まとめ

鶏むね肉は食肉の中でも安くお財布にも優しいです。

1人暮らしの男性やなかなか経済的に高いお肉を買うのは・・・と考えている主婦の方なども是非健康のためにも食べてみてはいかがでしょうか。




おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP