疲れた体と肝臓に!栄養たっぷり鰹を食べよう

みなさんカツオは好きですか。私はよくスーパーに売っているカツオの叩きをよく食べますね!

あのタンパクな味にカツオのたれをかけて食べると凄くおいしいんですよねー

今回はそんなかつおの健康効果・栄養素をご紹介していきます。




かつおの旬な時期

旬は初夏の「初鰹」初秋の「戻り鰹」で、年に2回あります。初鰹は身が引き締まりさっぱりしており、戻り鰹は脂がのって食べごたえのある触感が楽しめます。

初鰹と戻り鰹の違い(栄養面)

大きな違いは脂が乗っている戻り鰹は初鰹に比べて脂質が高いということです。体にいい脂ではありますので栄養価の面ですと戻り鰹の方が少し高いと言えますね。

 

かつおの栄養素

タンパク質
ビタミンB郡(特にB6)
ビタミンD
カリウム
鉄分
ミネラル
オメガ脂肪酸
ナイアシン

などの栄養素が入っています。

骨や歯を丈夫にしてくれるビタミンD

ビタミンDはカルシウムを吸収する効果を高めることにより骨や歯を丈夫にしてくれます。

他にも

糖尿病の予防
免疫力を高める
インフルエンザの予防

などの効果ももたらしてくれます。

疲労回復効果を持つイミダペプチド

かつおや鶏胸肉などに含まれるイミダペプチド。常に筋肉を動かしつづける部位に含まれ正式名称をイミダゾールペプチドと言います。

活性酸素といわれる体の酸化させる物質が体の細胞を傷つけ疲労として出くるのですが、イミダペプチドの効果はこの活性酸素を抑制してくれる働きをしてくれます。

肝臓の補助・二日酔いに効くメチオニン

カツオに含まれるメチオニンには肝機能の効果を高める効果があります。メチオニンは肝臓の老廃物や毒素を体の外に排出してくれるサポートをしてくれます。それによりアルコールなどの摂取による二日酔いなどにも効くわけです。

お酒のおつまみにも持って来いですね!

他にも

肝硬変・動脈硬化の発症リスクの低減
アレルギー症状の穏和
うつ病症状の改善
老化防止
ヘアケア

オススメの食べ合わせ

カツオのたたきと合わせるなら大根やねぎなどの薬味がおすすめです。薬味には強い殺菌作用があり、魚などの魚介類との相性はばっちりです。

また魚を焼くときにでるトリプP1などの発がん性物質を抑えてくれる効果もが期待できますので食べる際は是非添えるようにしましょう!

まとめ

カツオには疲労回復効果や肝臓にやさしい成分が入っており疲れた体やお酒をよく飲む人にとってもいい食べ物です。

さっぱりして美味しいカツオを是非ご賞味あれ。




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP