豚肉ナンバーワン!低カロリー豚ヒレ肉のダイエット効果

みなさんは普段家で豚ヒレ肉を食べるでしょうか。

ヒレ肉と聞くと高いイメージがあるのですが、意外にも豚ヒレ肉は比較的リーズナブルなんです。

しかもヘルシーで高たんぱく質なので、ダイエットの際にもいいですね。自分も糖質制限している時はお世話になりましたねー

そこで今回は豚ヒレ肉の栄養素・健康効果についてお話していきたいと思います。




豚ヒレ肉とは

豚ヒレ肉とは豚肉の中でも良質な部位で少量しかとれません。

この部位は筋や脂身がなく柔らかい肉質が特徴で、ビタミンB1が豊富に含まれています。

料理などではポークソテーや豚カツなどの油物に使うのに適しています。

豚ヒレ肉の主な栄養素・効果

・たんぱく質
・鉄(ヘム鉄)
・ビタミンB1
・リン
・カルニチン

低カロリーかつ高たんぱく質

豚ヒレ肉は100g中

・カロリー  約113Cal
・炭水化物  約0.1g
・たんぱく質 約22.8g
・脂質    約1.8g

と、とってもヘルシーです!また糖質がほぼ0でたんぱく質がとても豊富ですので糖質制限の食事にもいいです。

筋トレをしている方は筋肉をつけるためのタンパク質が沢山必要になってきますがこの食材は最適なのではないでしょうか。

ただやはり鶏むね肉などと比べるとやや値段が張りますので定期的に食べる形がよいでしょう。

豊富なビタミンB1の効果

糖質の代謝を促進してくれる

豊富に含まれているビタミンB1には糖質をエネルギーに変えるサポートをしてくれる効果があります。

これにより糖質はスムーズにエネルギーに変わるので脂肪が溜まりにくい上に体を動かすパワーを作り出し、

さらに筋肉痛の原因になる疲労物質の代謝を促してくれますので、スポーツをする方にとっては必須の栄養素となっております。

夏バテの際にビタミンB1が豊富なウナギを食べるのにはこの効果があるためだったのですね。

脂肪燃焼効果

豚ヒレ肉に含まれるカルニチンには脂肪燃焼効果が期待でき、ダイエットにも役立ちます。

カルニチンが不足すると脂肪酸を効率良くエネルギーとして利用してくれないため、脂肪が溜まりやすい体質になってしまいます。

定期的に体に取り入れることで溜まった脂肪はどんどんエネルギーとし使われるようになるため代謝が上がり太りにくい体質になるのです。

また効率よくエネルギーを作ってくれますので疲れにくい体作りにも役立ちます。

おすすめの食べ合わせ・食べ方

ビタミンB1が特に多い豚ヒレ肉はニンニクとの相性が抜群です。

これはニンニクのアリシンが効果を発揮しビタミンB1の吸収を高めてくれるからです!

まとめ

低カロリーかつ高たんぱくな豚ヒレ肉はダイエットの強い味方になってくれるだけでなく豊富なビタミンB1による疲労回復効果も大いに期待できます。

たまの贅沢に、日頃の疲れを回復させるために、豚ヒレ肉を食べてみてはいかがでしょうか。




おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP