美味しいだけじゃない!酸っぱいレモンに隠された様々な効能

みなさんレモンは使われていますか?

そのまま食べるとす~っぱいですが、料理に添えたり飲み物に入れたりすることでとっても爽やかな味わいになりますよね。レモンのす~っぱい成分には実は様々な効果があると言われており、それは食べるだけに留まりません!

ここではそんなレモンをご紹介していきます。




レモンの効果・効能

すっぱいレモンに隠されたクエン酸の力!

レモンと言えばクエン酸と言われるほど有名な成分ですね。レモンが酸っぱいのはこのクエン酸があるからレモンは酸っぱいんです。今では洗顔、入浴剤、掃除用の商品と様々な物に使われている成分であり、とても凡用性のある成分なんです!

クエン酸には

疲労回復
免疫力向上
血流改善
抗酸化作用

などの効果が期待でき、また痛風の予防にもいいと言われています。尿酸値を下げてくれる効果があるとされており、これは強酸性の尿をアルカリ性のクエン酸が中和し、弱酸性に変えてくれることによって尿酸を体外に排出しやすくしてくれているためです。
尿酸値が気になる方は積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか!

クエンさんによる疲労回復効果

人の体にはクエン酸回路(ATPサイクル)と言われるものがあり、糖質や脂質をエネルギーへと変換しています。

クエン酸が不足すると十分にエネルギーに変換されず余った分は乳酸として溜まってしまうため、疲労しやすくなってしまいます。そこでレモンを摂取してクエン酸をとることにより、この機能が活性化され、疲労回復効果をもたらしてくれるというわけです。

クエン酸による血流改善効果

クエン酸は体内でアルカリ性として働き、血液のph値を高めてくれます。これによりドロドロであった血液がサラサラになり、疲労回復物質を効率よく外に排出するようになります。学生の時などに部活動でレモンのハチミツ漬けを食べるのは実は疲労回復効果があったからなんですね。とても理にかなってます。

ビタミンC

レモンのビタミンCは100gあたり100mg含まれており。

ビタミンCには風邪の予防、疲労回復、肌荒れによいとされています。

風邪の症状にレモンが効く!

レモンは疲れにも効きくのですが、風邪を引いてしまった~って時にも効果があります。効果を高める摂り方としてはちみつレモン生姜がオススメです!はちみつに含まれるグルコン酸が喉を殺菌、保護してくれます。そしてレモンに含まれるビタミンCが喉の痛みを抑えてくれる効果があるんです。また生姜を入れることによってシンゲロールと言われる成分が寒い冬でも体をポカポカにしてくれます。
風邪を引いてしまった時には是非、はちみつレモン生姜を試してみてはいかがでしょうか。

レモンでストレス解消!?

柑橘系の匂いって不思議と癒されると思いませんか?実は理由がちゃんとあるんです。レモンの香りに含まれている成分リモネンにはリラックス効果があり、気分をリフレッシュしてくれることによってストレスの穏和に繋がります。リモネンは香水や芳香剤にも使われている成分で、香りで癒しをくれるのです。
疲れた後に柑橘系の香りをかいでリラックスするのもいいかもしれないですね。

まとめ

レモンに含まれる成分は疲れやをとるだけでなく風邪の症状や癒しの効果も与えてくれます。肉体的にも精神的にもレモンに癒されてみてはどうでしょうか。




おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

筋肉が喜ぶ!高タンパクで健康にもいいブロッコリーを食べよう
リンゴの皮に含まれる秘密とは、美味しく食べて健康になろう
アスパラガスは冷凍できる!保存方法と使い方
燃えない体にサヨナラ!トマトの栄養と効果を高める食べ合わせ
にんじんで若々しい体を保とう!にんじんの効果と摂取量の目安
殺菌効果が凄い!大根に含まれた辛味成分の力!
あなたの胃は大丈夫?食べる胃腸薬キャベツを食べよう
バナナが長持ちする!冷蔵保存の方法から冷凍保存の方法まで
たまねぎの栄養と気になる保存方法
バナナを早く熟成させる方法4選
とろとろ新玉ねぎのレンチンレシピと保存方法
美と健康の果物、アボカドの栄養と食べ頃について
レンジで簡単!ほうれん草のお浸しと、余った際の保存方法
たけのこをもっとおいしく!‘’うまい‘’煮物の作り方・合わせ方

Menu

HOME

TOP