アスパラガスは冷凍できる!保存方法と使い方

つくしも芽の出るこの季節、みなさんはアスパラガスはたべられますでしょうか!そのまま茹でて食べてもよし、天ぷらにしてもよしの春の食材ですね。春から初夏が旬(3~6月)で、もともとは江戸時代に日本に入ってきて鑑賞として栽培されていたのですが、明治時代から食用と食べられるようになった食材なんです。

今回はそんなアスパラガスの選び方から保存方法、使い方までをご紹介していきます。




アスパラガスの選び方

保存する前から鮮度が低いと嫌ですよね。簡単にですがアスパラガスを選ぶ際のポイントをご紹介します。

  1. 穂先が締まっている
  2. 茎の形が歪でないもの
  3. 根本の辺りまではりがある
  4. 切り口がみずみずしく新しい
  5. 茎が太くかたいもの
  6. 切り口が茶色いのはNG

お店で売っている物は大体束になっています。購入する際はなるべく新鮮で柔らかいものを選ぶようにしましょう。また切り口が乾燥して変色している場合でも少し切り取ってあげると鮮度を保つことができますよ。

アスパラガスの保存方法

冷蔵保存の場合

冷蔵庫に保存する場合はラップまたはビニールに包んで保存するようにしましょう。そしてできればアスパラガスを立てて保存するようにするとより長持ちします。これはアスパラガスを寝かせた場合重力に反して伸びる性質があるため無駄なエネルギーを使ってしまい味が落ちやすくなってしまうのを防ぐためです。

保存する際はペットボトルを半分に切って花を飾るように立てておきましょう。

冷凍保存の場合

冷蔵庫にどうしても立てれない場合や余ってしまいそうな場合は冷凍保存がおすすめです!冷凍することで日持ちしますし、小分けにしておけばすぐに料理に使う事ができますので便利ですよ。

  1. 茎の固い部分はピーラーで削る(柔らかければ気にせずOK)
  2. 使いやすいサイズに切る(約4~5センチ)
  3. さっと下茹でをする
  4. ステンレス製のバットなどに入れ一気に凍らせる
    (一気に凍らせることで触感の劣化を抑える)
  5. 保冷バックへ入れ小分けにして入れる

どれくらい日持ちする?

生のアスパラガスでは約2~4日
茹でて冷蔵庫に保存した場合約2~3日
冷凍保存の場合約1ヶ月

冷凍したアスパラガスの使い方

冷凍した場合はどうしてもべちゃっとなってしまいますので、焼いて使ったりシチューやグラタンなど火を通す食べ方がオススメです。

便利!時短!調理して冷凍保存

冷凍して調理をする際にさっと使うのも良いですが、冷凍前に調理しておくのも便利です。簡単にですが調理例をご紹介しますので参考にしてみてください。

調理例:アスパラと豚こま切れの炒め物

材料
豚肉のこま切れ  100g
冷凍アスパラ     10本
ニンニク     1欠
塩コショウ    適量
塩        小匙2杯

  1. 油を敷いたフライパンにスライスしたニンニクを入れ温める
  2. 一口大に切った豚小間切れ肉を色が付く直前まで炒める
  3. 冷凍アスパラを入れ塩コショウで味つけし、少し焦げ目が付くまで炒める
  4. 火からおろして粗熱をとりフリーザーバックに入れ冷凍室へ保存する

次回食べる時はレンジで温めるとすぐに食べる事が出来て便利です。朝忙しくて時間がない!とか弁当のおかずに困る!という方は冷凍の作り置きを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

アスパラガスの選び方から便利な冷凍保存の方法までのご紹介でした。通常の保存方法だと余り日持ちしないアスパラガスも冷凍を使う事で日持ちするだけでなく使い勝手がとてもよくなりますので是非試してみはいかがでしょうか。




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

レンジで簡単!ほうれん草のお浸しと、余った際の保存方法
美と健康の果物、アボカドの栄養と食べ頃について
リンゴの皮に含まれる秘密とは、美味しく食べて健康になろう
筋肉が喜ぶ!高タンパクで健康にもいいブロッコリーを食べよう
殺菌効果が凄い!大根に含まれた辛味成分の力!
バナナを早く熟成させる方法4選
たけのこをもっとおいしく!‘’うまい‘’煮物の作り方・合わせ方
たまねぎの栄養と気になる保存方法
美味しいだけじゃない!酸っぱいレモンに隠された様々な効能
燃えない体にサヨナラ!トマトの栄養と効果を高める食べ合わせ
あなたの胃は大丈夫?食べる胃腸薬キャベツを食べよう
バナナが長持ちする!冷蔵保存の方法から冷凍保存の方法まで
とろとろ新玉ねぎのレンチンレシピと保存方法
にんじんで若々しい体を保とう!にんじんの効果と摂取量の目安

Menu

HOME

TOP