バナナが長持ちする!冷蔵保存の方法から冷凍保存の方法まで

みなさんはバナナを食べられますでしょうか。バナナと言えば安い、おいしい、健康にいいと3拍子そろったフルーツですよね。そんなバナナをまとめ買いしていたら、時間が経ちすぎて腐らせてしまってもったいないことした!と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回はバナナを長期保存できるやり方をまとめてみました。




バナナの熟成具合について

バナナを保存する際は15度前後が適正温度とされており、25度以上だと傷みやすく、13度以下だと逆に熟成が止まってしまうという性質を持っています。熟成がすすむとシュガースポットと呼ばれる星のような模様が出現し、甘みが強くなります。ですのでバナナを傷みにくく熟成させたい場合は15~20度、熟成を遅らせたいときは13度以下が適切だといえます。

しかしただ冷蔵庫や冷凍庫に保存しただけでは傷みやすくなってしまい味が落ちますので以下の保存方法をご参考にしてみてはいかがでしょうか。

常温・冷蔵庫での保存方法

保冷バッグに入れる方法

やり方はとても簡単で保冷バッグの中にバナナを入れるだけ!保冷バッグの中は温度が一定に保たれやすく、熟成の速度を遅らせることができます。常温で保存するよりも長持ちしますので保冷バッグ(弁当などを入れるやつでもOK)をお持ちの方は試してみてはいかがでしょうか。

新聞紙で1本ずつ包む方法

バナナを新聞紙を使って一本ずつ包み野菜室に保存する方法です。新聞紙に包むことで冷蔵庫の中での傷みを抑えることができます。また1本ずつ包む理由は果物から発せられるエチオレンガスを防ぐためです。このガスは果物の熟成を促進する=傷みが早くなりますので、なるべく外に漏れないようにする方が長く保存できます。

ポリ袋で保存する方法

この方法はテレビのためしてガッテンでも紹介された方法で、スーパーなどで野菜を入れる時に使うあのポリ袋を使って保存します。

  1. ポリ袋の中に1本ずつ入れて丸める
  2. さらにポリ袋にいれた物を5本ほど一緒に1つのポリ袋に入れる
  3. そのまま野菜室に保存する

これらの保存方法では平均して1~2週間程保存することができるようになります。長く保存しているとバナナの皮は変色して黒くなりますが中身は綺麗なままですので大丈夫です。常温・冷蔵での長期保存の利点は生食で食べる時やヨーグルトに使う時に便利です。

冷凍庫での保存方法

冷凍する場合はそのまま保存してしまうといざ使う時にかちかちになってしまいとても使いにくいので先に甘くなるまで熟させてそれから使いやすいようにして保存します

  1. 使いやすいサイズにスライスする
  2. 次に大きめのタッパーに、スライスしたバナナをかさねないように敷き詰めていきます。
  3. 1段目で足りない場合はラップをかけてさらに上にバナナを敷き詰めます。
  4. 最後にもう一度ラップをしてから冷凍で1日凍らせます。
  5. 凍らせたバナナはジップロックなどに移し替えて保存しておきましょう。

冷凍することでかなり長持ちしますし、スムージーや夏の暑い時期のおやつ、お菓子作りの際にもさっと取り出して使う事ができますので大変便利です。

まとめ

これらの保存方法を使う事によって冷蔵でも冷凍でもバナナを長持ちさせることができます。保存方法にお困りの際は是非お試しください!




  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

あなたの胃は大丈夫?食べる胃腸薬キャベツを食べよう
たまねぎの栄養と気になる保存方法
アスパラガスは冷凍できる!保存方法と使い方
たけのこをもっとおいしく!‘’うまい‘’煮物の作り方・合わせ方
とろとろ新玉ねぎのレンチンレシピと保存方法
レンジで簡単!ほうれん草のお浸しと、余った際の保存方法
燃えない体にサヨナラ!トマトの栄養と効果を高める食べ合わせ
美味しいだけじゃない!酸っぱいレモンに隠された様々な効能
バナナを早く熟成させる方法4選
リンゴの皮に含まれる秘密とは、美味しく食べて健康になろう
筋肉が喜ぶ!高タンパクで健康にもいいブロッコリーを食べよう
殺菌効果が凄い!大根に含まれた辛味成分の力!
美と健康の果物、アボカドの栄養と食べ頃について
にんじんで若々しい体を保とう!にんじんの効果と摂取量の目安

Menu

HOME

TOP